東大教授は車コーティングの夢を見るか
*
ホーム > キャッシング > 借金滞納で差し押さえになったときの対処法

借金滞納で差し押さえになったときの対処法

借金滞納で差し押さえになった時は、時期によって対処法が異なります。

 

完全に差し押さえられた場合、債務者は裁判所からの通知を無視した事になります。

 

債権者との話し合いで解決する事になります。裁判所を通した督促、強制執行は、強制力が強いため、この時点で簡単に対処する事は出来ません。ですので債権者である消費者金融や銀行の担当者に連絡し、解決策を模索しましょう。強制執行といっても家のものを全て取られる事はないので、極端に悲観する必要はありません。しかし、状況的には良いとはいえないです。交渉し、滞納分の借金を返済する所から始めましょう。

 

裁判所からの通知が届いて、債務者に猶予がある場合、通知を無視するのではなく、冷静に対処しましょう。

 

異議申立てに関する通知であれば、その旨を通知してください。異議申立てすると訴訟になりますが、無視するよりは良いです。この通知を無視すると、今度は強制執行に関する通知が来ます。ここでは14日ほど猶予があります。正しく書類を送付すると訴訟です。裁判所で行うやり取りとは、滞納している借金の返済についてです。一括で返済が困難であれば、分割払いを求めるべきでしょう。一時的に生活が厳しい時期であれば、数ヶ月利息のみの支払いをお願いするべきかもしれません。

 

差し押さえ自体は、それほど怖いものではなありません。ですが、追い込まれている状況である事は確かです。裁判所から郵便物が届いたら、怖がらずに開封して、冷静に対処してください。債権者も人間です。債務者が誠実に対応すれば、相手方も柔軟に対応してくれます。

 

また、闇金の債務整理に関しては少々事情が違ってきますので、まずは法律家に相談してみる必要があります。


関連記事

借金滞納で差し押さえになったときの対処法
借金滞納で差し押さえになった時は、時期によって対処法が異なります。  ...
キャッシングを比較するのに疲れた
キャッシングをいろいろと比較して回ったのですが、比較することに疲れてしまった状況...